キャリアステーション

menu
2018.04.11
  • 日々のつぶやき

《目からウロコの心がけ》電話の切り方

Aさんが取引先と電話をしている時のことです。 

要件を伝え、最後に「よろしくお願いします」と、一言述べようとしたところガチャッと電話を切られてしまいました。唐突に電話を切られたことに驚き、手に持っていた受話器を思わず見つめてしまいました。不快に思ったAさんは、その状況を先輩に伝えると、「君も携帯電話で話をしている時は、切るのが少し早いよね」と言われたのです。携帯電話では、受話器を置く時のような音が出ないため、電話を切る際の配慮に欠けていたようです。

電話応対には様々なマナーがあります。電話の切り方一つをとっても、「電話をかけた方が先に電話を切る」「切るときには『ありがとうございました』といった一言を添える」「受話器は静かに置く」などがあります。

礼儀やマナーは相手を思う心そのものです。電話を切る時も、最後の最後まで思いやりの心を持っていたいものです。

【今日の心がけ】 最後まで心を添えましょう

一般社団法人倫理研究所発行『職場の教養』2018年1月号より

 

新潟の人材派遣・求人について
お気軽にご相談ください

0120-169-440
0120-169-440
お問い合わせフォーム

新潟の人材派遣・求人について
お気軽にご相談ください

0120-169-440 お問い合わせフォーム
先頭に戻る